大黒寺

大黒寺

日本最古の大黒出現の寺という伝承を持つ。天智4年(665年)、役行者が金剛山で桜の木を刻んで大黒天を造り、小堂を建てて安置したのがはじまりといわれているが、天正年間(1573?1591年)に焼失。享保19年(1734年)に再興された。境内の鐘楼には、清朝の珍しい中国鐘がある。
ホームページはこちら
所在地 羽曳野市大黒499
アクセス 近鉄南大阪線「駒ヶ谷駅」下車 南西へ約400m
連絡先 072-956-0953
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
このページのトップへ