清寧陵古墳

清寧陵古墳

墳丘長115m、後円部の直径60m、前方部の幅121mの前方後円墳で、幅30-50mの濠を持つ。前方部が極端に大きく広がっているという6世紀代の前方後円墳の特徴を持つ。
所在地 羽曳野市西浦6丁目
アクセス 近鉄南大阪線「古市駅」下車 西南西1.2km
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
このページのトップへ