来目皇子墓

来目皇子墓

一辺約45mの方墳。第31代用明天皇の皇子で聖徳太子の弟にあたる来目皇子は推古10年(602年)、新羅攻め将軍に任命されたが、遠征の途中に北九州の基地で病のため没し、のちに河内の埴生山に葬られた。
所在地 羽曳野市はびきの3丁目
アクセス 近鉄南大阪線「古市駅」下車 西へ約1.7km
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
このページのトップへ