安閑陵古墳

安閑陵古墳

墳丘長122m、後円部の直径78m、前方部の幅100mの前方後円墳で、幅15mの濠を持つ。江戸時代の享保年間ここから出土したという。「ガラス碗」(ペルシャで作られた)は、現在、東京国立博物館に所蔵されている。
所在地 羽曳野市古市5丁目
アクセス 近鉄南大阪線「古市駅」下車 南へ約600m
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
このページのトップへ