野中寺

野中寺

聖徳太子と蘇我馬子の建立と伝えられ、「中の太子」と呼ばれている。現在でも境内には、塔や金堂など飛鳥時代の伽藍の跡が残っており、国指定の史跡になっている。方丈や勧学院(府指定文化財)などは、江戸時代に律宗の学問所が設けられたときの建物。白鳳期の弥勒菩薩半跏像(重要文化財)、
鎌倉時代の地蔵菩薩立像(重要文化財)のほか、ヒチンジョ池西古墳石棺(府指定文化財)、お染・久松の墓などもある。境内庭園のサザンカは府の天然記念物に指定されている。
所在地 羽曳野市野々上5丁目9-24
アクセス 近鉄南大阪線「藤井寺駅」下車 南へ約1.5km
連絡先 072-953-2248
このページのトップへ