明教寺

明教寺

現在の建物は江戸時代(17-19世紀)に再建されたものですが、もとは推古天皇の頃(6世紀末?7世紀前半)の創建と伝えられています。山門・鼓楼・本堂・庫裏などがあり、寺宝として明教寺旧境内古図、豊臣秀吉や徳川家康らの書状などが残されています。
所在地 羽曳野市島泉2丁目2-22
アクセス 近鉄南大阪線「高鷲駅」下車 北西約700m
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
  • スポンサーバナー
このページのトップへ